OUR VISION

私たちのビジョン

かけがえのない 
信用金庫であるために

私たち浜松いわた信用金庫は、金融機関という枠にとどまらない「総合サービス業」として、
事業領域・顧客接点の拡大を目指し、未来に向けた3つの軸から挑戦を続けています。

浜松いわた信用金庫の未来

地域の未来のためには、当庫の挑戦が不可欠であるし、
当庫が挑戦を続けていくためには、何よりも「働く人=職員」の成長がなければ成り立ちません。
だからこそ、私たちは人財育成を大きな柱として力を入れていますし、
これらの軸の中心にいる職員一人ひとりの活躍が、お客様や地域の未来にとってかけがえのない存在になっていくと信じています。

01
地域の未来

「かけがえのない
まちづくり」のため、
金融機関の枠を超えた
取り組みに挑戦

SDGs

浜松いわた信用金庫が
取り組むSDGs

浜松いわた信用金庫が取り組むSDGs

浜松いわた信用金庫の経営理念には、「持続可能な社会づくりに寄与すること」が明言されています。国際連合が提唱する国際社会全体の目標であるSDGs(Sustainable Development Goals)の達成に貢献することを経営理念の根幹に位置付け、広く社会課題の解決に取り組むとともに、自らも持続的成長を目指していくことを宣言。SDGs行動宣言として「ユニバーサルバリュー宣言」を掲げ、さまざまな取り組みを積極的に行っています。

ユニバーサルバリュー宣言

  • 1

    人を大切にする

  • 2

    地域を大切にする

  • 3

    地域への取組みを通じて
    世界の課題と向き合う

  • 4

    取組みの裾野を広げる

詳しく見る

FUSE

FUSEとは?

FUSEとは?

浜松いわた信用金庫が営業地区とする静岡県西部エリアは、地域を支えてきた基幹産業の大変革期を迎えており、中小企業の第二創業支援の必要性がどんどん高まっています。
そこで、このエリアの新たな強みとなりうる「新しい産業分野創出のための土壌を育てる」ことが、長期的・持続的な発展が可能な社会づくりにつながっていくと私たちは考えています。
そんな未来への先行投資として立ち上げたのが、コ・スタートアップ&コミュニティ「FUSE(フューズ)」です。
FUSEとは、事業を立ち上げようとするすべての人々のための「コ・スタートアップ」と「コミュニティ」で、2020年、ザザシティ浜松中央館B1Fに日本最大級の規模でオープン。当庫のコミュニティビルダーが常駐し、コミュニティの醸成や活性化のサポートはもちろん、コミュニティ内のチームラーニングを加速させる役割も担っています。

起業家がカタチにしていくために必要な、12の機能

2000平米の敷地の中には、起業家や経営者、新規事業担当者や企業内起業家が、事業アイデアを得てカタチにしていくために必要な12の機能が備えられています。

  • 機能のイメージ

    事業をつくる、進める

    • コワーキング
    • シェアオフィス
    • ミーティング
  • 機能のイメージ

    変化と成長を伴走する

    • メンタリング
    • アクセラレータープログラム※1
    • アクセラレータープログラム
      提供者育成
  • 機能のイメージ

    エネルギーを混ぜる、高める

    • イベントスペース
    • 撮影スタジオ
    • ラウンジ
    • カフェ
  • 機能のイメージ

    プロトタイプをつくる

    • ファブリケーション※2
    • トライアルキッチン
  • ※1スタートアップ・ベンチャーに対して協業・出資を募集するプログラム
  • ※2レーザーカッターや3Dプリンタなどのデジタル工作機械

02
浜松いわた信用金庫の未来

人々の
「かけがえのない存在」
として、
地域を変えていく拠点へ

浜松いわた信用金庫では、これまでの店舗のカタチ、あり方を大きく変える挑戦をしています。
どの金融機関も再編や統合で店舗数が減少している中、当庫は新店舗への建て替えが多いのもその理由のひとつです。

本部機能強化

新本部棟では従来の金融機関としての機能を情報通信技術の活用や通帳レス、キャッシュレス化による省人化を見据えるだけでなく、地域の人々にとって欠かせない「ランドマーク」としての機能を持たせた設計にします。

営業店改革

営業店においては、地元の木材を使用した新店舗の建設や、店舗内にギャラリー・イベントスペースの設置をすることで、地元の自然や地域の人々と共存する「憩いの場」を増やしていきます。

きらりブログ ギャラリーポテト

03
浜松いわた信用金庫で働く人の未来

「かけがえのない人財」
を育成することで、
当庫を通して、
地域全体が成長していく

浜松いわた信用金庫では、2つの視点から人財改革を進めています。

人財育成の強化

お客様から
「ありがとう」だけでなく、
「また会いたい」
と言われる人づくりを

職員が組織の外でも通用する資質や考え方を身につけ、一人ひとりがプロフェッショナルとして自立した存在であることを目指しています。

  • 1

    営業人財の育成
    人財育成の体系・サイクルの確立

  • 2

    人間力(ヒューマンスキル)
    の向上

  • 3

    高スキルを有する人財の育成
    IT、M&A、事業承継、FP1級など

なかでも自己啓発支援においては「まなぼう大学(ManaBou-Academy)」という、自社オリジナルの講座が充実。職員は、土曜講座、通信講座、eラーニング、校外プログラム、自習室、リカレント教育制度などを利用して、自身の成長のため努力しています。

多様な人財の活躍推進
(ダイバーシティ推進)

職員の幸福度向上のため、「多様性は可能性」をコンセプトに、ダイバーシティを推進しています。

  • 1

    ワークライフバランスの実現

  • 2

    時間管理と生産性向上、
    自己啓発推進、余暇の充実

  • 3

    女性の活躍推進

詳しく見る

NEXT

STAFF MESSAGE

地域を、未来を創る 
先輩たちの挑戦

NEXT

STAFF MESSAGE

地域を、未来を創る 
先輩たちの挑戦

ENTRY

エントリーはこちらから